“介添人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かいぞえにん66.7%
かいぞへにん33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、ここへ来ると、道誉の態度はただ、死の介添人として、刑の進行を努めるだけで、何も語ろうなどとはしない。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ふみ 太鼓判だかどうだかしらないけど、お見合いに来て介添人と将棋を始めるなんて随分呑気な人もあるものね。
女の一生 (新字新仮名) / 森本薫(著)
上村少佐とダンリ中尉とは、約束の決闘場たる練兵場へ現れた。双方型どほり二人づつの介添人がついてゐる。
風変りな決闘 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)