“介抱人”の読み方と例文
読み方割合
かいはうにん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
惣内の女房とし續て伯父の九郎兵衞も惣内方へ介抱人這入お深と夫婦になりて消光居たり其後九助は親九郎右衞門が質に入置たる田地を請戻し譜代召使三五郎を鍬頭として元の如くに家を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
と申渡し又水呑村先名主惣内介抱人九郎兵衞并に同人妻村方役人及び下伊呂村役人共と呼時一同ハツと答ふるにぞ理左衞門は何れもへ向ひ九助儀先名主惣内夫婦に遺恨是れあり殺害に及び候段一々白状に及びしに不屆至極に付引廻しの上獄門仰付らるゝなり左樣存ぜよ其外の者共は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)