女の一生おんなのいっしょう
人 布引けい知栄の少女時代 堤しず野村精三 伸太郎職人井上 栄二女中清 総子刑事一 ふみ刑事二 章介 知栄 第一幕の一 堤家の焼跡。 昭和二十年十月のある夜。 正面右手寄りに、之だけが完全に残った石燈籠。左手に壕舎の屋根、舞台右手寄りに切石 …
作品に特徴的な語句
コン コウ いそがし おこない コイ なくな いず 交際づきあい 仰言おっ たと はた 如何どう 彼方あっち おさま 如何いかが 此方こっち うら おびや 仕上しあげ 住居ずまい 何方どっち いさおし まか まわ うらみ 抽出ひきだ つかま あが 此上このうえ 武昌ブショウ ほと 相照あいてら 真直まっす から たち いとぐち まとま 上海シャンハイ 不味まず いささ また 人気ひとけ 人蔘にんじん 他所よそ 仲人なこうど 会得えとく うかが なん 何処どこ 何時いつ しか しあわ いつわ 先様さきさま 内儀かみ ところ 利巧りこう 勿体もったい 勿論もちろん 卑怯ひきょう かえ 呆気あっけ 告口つげぐち 呑気のんき 団欒だんらん 土産みやげ 地響じひびき かた 天津てんしん おご たの 孫文そんぶん やす むし なお もっと つく わか 広東カントン 度々たびたび 廻縁まわりえん あて 御免ごめん あわ 慧眼けいがん よろこ 所為せい 手抜てぬか 提灯ちょうちん 揚句あげく