“綺”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
33.3%
きら33.3%
いろ22.2%
きらび11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“綺”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かの大雲塊でさえ容易ならぬことだのに、時偶、姿をあらわす外輪四山の山巓が、それぞれちがった色のらびやかな彩光をはなつのだ。
人外魔境:03 天母峰 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ふみ 提灯の灯って近くでみるより遠くからの方がれいね。そんな気しない?
女の一生 (新字新仮名) / 森本薫(著)
それは狂気の合間合間に現われる、きらびやかな夢幻オーロラのようなものだった。
人魚謎お岩殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
特異体質——。論争のきらびやかな火華にばかり魅せられていて、その蔭に、こうした陰惨な色の燧石ひうちいしがあろうなどとは、事実夢にも思い及ばぬことだった熊城は神経的にてのひらの汗を拭きながら、
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
それはから狻猊さんげいか何かの、黄金色きんだの翠色みどりだのの美しくいろえ造られたものだった。
雪たたき (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
臣謹んで俯伏ふふくして命をつ、と言辞を飾り、情理をいろえてぞ奏しける。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
稜嶒りょうそうたる岩山のしたの町ムスカットのその夜は、イラン、エジプトご新婚の賓客ひんきゃくをそっくりひき受け、ヨーロッパ社交界に鳴るきらびやかな連中が、ふうふう暑熱にうだりながらオーマン湾を渡ってきたのだ。
人外魔境:10 地軸二万哩 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)