雪たたきゆきたたき
鳥が其巣を焚かれ、獣が其窟をくつがえされた時は何様なる。 悲しい声も能くは立てず、うつろな眼は意味無く動くまでで、鳥は篠むらや草むらに首を突込み、ただ暁の天を切ない心に待焦るるであろう。獣は所謂駭き心になって急に奔ったり、懼れの目を張って疑 …
作品に特徴的な語句
しも そち あず じゃ かに 彼方あのかた おっし しゅ みん おお きつ ひま じき ふたた かたえ さが さが あの 退すさ 如何いかに なげ 確乎しか よそ 紅色くれない 此方こち しも かの かく せり 斯様こう ただち じゅ 殿どの おく もと 可愛かわゆ こうべ しゅ 口惜くちおし 軽忽きょうこつ 何様どう じゅ じき めず そら おく あな 大勢たいぜい 此家このや じん しっ 暫時しばし まや いや 真実まこと かむ いろ 翠色みどり うん 上手かみて 顔色かおつき 何程どれほど 従者じゅうしゃ なに ゆだ とお あわ 彼方あなた しら いくさ 射透いすか 欠片かけ 少時しばし しお 梟首きょうしゅ はま たいら から 幾日いくか 一分いちぶん たけ 忽然こつねん 怜悧りこう たしか しん