雪たたきゆきたたき
鳥が其巣を焚かれ、獣が其窟をくつがえされた時は何様なる。 悲しい声も能くは立てず、うつろな眼は意味無く動くまでで、鳥は篠むらや草むらに首を突込み、ただ暁の天を切ない心に待焦るるであろう。獣は所謂駭き心 …
作品に特徴的な語句
稍々やや やじり 眷属けんぞく 足利あしかが やり 我邦わがくに 肩衣かたぎぬ 愛宕あたご 奢侈しゃし 引緊ひきしま 癇癖かんぺき 一図いちず 公方くぼう 疑懼ぎく 苦患くげん しとね 怨霊おんりょう やり 茶筅ちゃせん 鼻汁はな 一分いちぶん 火桶ひおけ 蟠踞ばんきょ 高麗こうらい 狂気きちがい のう りん 没義道もぎどう 図々ずうずう ささ 一閃いっせん 殷賑いんしん 平伏ひれふ 欠片かけ めぐ 古物こぶつ 孔子こうし 木彫きぼり 裸身はだかみ 抽出ひきだ 昵懇じっこん 手強てごわ 元結もとゆい 凸凹たかひく 屹然きつぜん 茅屋ぼうおく いや 唐土もろこし 折敷おしき あん 虚言うそ そし 讒言ざんげん 呂宋ルソン 奸計かんけい 細紐ほそひも 煥発かんぱつ 白々しろじろ 河内かわち 毅然きぜん いつわ そう 琉球りゅうきゅう 暹羅シャム 兀頭はげあたま 兵粮ひょうろう 法体ほったい 仰反のけぞ 何程どれほど 紅色くれない 引括ひっくく 些少さしょう 其様そん 決潰けっかい 生先おいさき 素捷すばや 罷出まかりで 御内おうち 大船たいせん 此様こん 稜々りょうりょう 軽忽きょうこつ ひく あな 妖魔ようま 何様どう 数万すまん 色代しきたい 飯綱いづな 奇怪きっかい 京洛きょうらく 豪家ごうか 一枝いっし 大明だいみん