“狂言綺語”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうげんきご66.7%
きょうげんきぎょ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
というのは、この老尼は修行のために、ここに静処を求めたのではなく、狂言綺語の閑居を楽しまんとする人であったからでしょう。
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「諸法実相の理を按ずるに、かの狂言綺語の戯、かへりて讃仏乗の縁なり」とする思想は、単に『十訓抄』の著者(「を西土の雲に望む翁」)
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
第一、それでは寺法が許すまい。狂言綺語といって、文字のあやでさえもよしとはしない仏弟子が、進んで芝居をやり出そうとは思われぬ。
大菩薩峠:25 みちりやの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)