“御免”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごめん87.3%
おんゆる3.6%
おゆる1.8%
おゆるし1.8%
パルドン1.8%
おやめ0.9%
ごめ0.9%
みゆるし0.9%
ゴメン0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御免ってまた床に潜り込んでいたら、一時間ばかりしてまた電話が来て「今のはデマだったそうだから」という話でがついた。
流言蜚語 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
牢舍さするやと尋ねられければお菊は何卒父利兵衞吉三郎ともに御免し下され其代りに私しを御入下さるゝにと涙ながらに申立るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
たりける因て久兵衞は逃損じたりと思ひながらもるゝだけは云拔んと何卒御免し下されよ私しは決して怪しき者に候はず御勘辨
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
人我差別も分り憎くなると孫共に毎度笑われまするが御聞づらくも癖ならば癖ぞと御免なされ。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
お前はねむいんだったね、御免よ……僕はもうすぐ……いや、お前が何をしようと望もうと、資本さえありあどこでだって、どこへ行ったって甘い仕事が出来るんだ。
マリ・デル (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
政府に何か騒が御座いましてネ、今の大隈様だの、島田様だのつてエライ方々が、皆ンな御退りになりましてネ、其時山木様も一所に役を御免になつたのです
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
「どうか御免御免じょなことでもんす。」
種山ヶ原 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
又、御免ノ場所、御免ノ勧化、殺生御免ナドイフ御免ノ字ニ当ル。
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)