“ごめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
60.0%
御免20.0%
20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
薩摩薯とをまぜて炊いたものがオケジャである。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
「どうか御免御免じょなことでもんす。」
種山ヶ原 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
チェウスさんの椅子だって、あのの道具