“ごめん”の漢字の書き方と例文
カタカナ:ゴメン
語句割合
御免100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おまけに午後八時頃からいよ/\雨になつたので、わたしは諸君よりも一足先へ御免ることにして、十時近い頃にそこを出た。
赤い杭 (新字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
「僕は宇宙の墓地に行きつく前に、本艇から下ろしてもらいます。これ以上、不信きわまる艇長と運命を共にすることは御免りたい」
宇宙尖兵 (新字新仮名) / 海野十三(著)
まるでもう馬車馬だ! あいつは完全に気が触れてるんだ! 僕は気違いと一緒にこんなことをするのはまっぴら御免だ! お断りだ!
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)