なよたけ
『竹取物語』はこうして生れた。 世の中のどんなに偉い学者達が、どんなに精密な考証を楯にこの説を一笑に付そうとしても、作者はただもう執拗に主張し続けるだけなのです。 「いえ、竹取物語はこうして生れたので …
作品に特徴的な語句
御機嫌ごきげん 合槌あいづち 輿入こしい 駿河するが 脱兎だっと 蔓草つるくさ 眼差まなざし たちばな 蜜蜂みつばち 夕靄ゆうもや 大喝だいかつ 銘々めいめい 微風かぜ 皆目かいもく 不逞ふてい 烱々けいけい 素朴そぼく 仰天ぎょうてん 清楚せいそ 思惑おもわく 当惑とうわく 跳梁ちょうりょう 敷居しきい 額縁がくぶち 辞儀じぎ 落人おちうど 空蝉うつせみ 発作ほっさ 神楽かぐら 見世物みせもの 畏怖いふ 幾重いくえ 孜々しし 供奉ぐぶ 燦々さんさん 粗末そまつ 薬鑵やかん 冥途めいど 隅々すみずみ 皐月さつき 様子ようす 常世とこよ 紊乱びんらん とりこ 遥々はるばる 怨霊おんりょう 退屈たいくつ 弱音よわね 有様ありさま 和歌うた 飄々ひょうひょう 手紙ふみ 下人しもびと 酩酊めいてい 侮辱ぶじょく 不愉快ふゆかい 高嶺たかね 光芒こうぼう 尻込しりご 大仰おおぎょう 坊主ぼうず 田舎者いなかもの 何等なんら うたげ 滅茶滅茶めちゃめちゃ 無性むしょう 物騒ぶっそう 奴等やつら 高邁こうまい りん 三井寺みいでら 大真面目おおまじめ 迷惑めいわく 乙女おとめ 摺鉢すりばち 不貞腐ふてくさ めぐ 直衣のうし 羽衣はごろも 見棄みす わし 残酷ざんこく 平伏へいふく 冥想めいそう 千載せんざい 栄華えいが 一生涯いっしょうがい 万端ばんたん 奇妙きみょう 御代みよ 生計くらし 逢坂山おうさかやま はげ 囲繞いじょう 胡蝶こちょう 勤行ごんぎょう 深淵ふかぶち 媾曳あいびき