なよたけ
『竹取物語』はこうして生れた。 世の中のどんなに偉い学者達が、どんなに精密な考証を楯にこの説を一笑に付そうとしても、作者はただもう執拗に主張し続けるだけなのです。 「いえ、竹取物語はこうして生れたのです。そしてその作者は石ノ上ノ文麻呂と云う …
作品に特徴的な語句
みんが おつつ 耀かぎろ けんず 神人じんにん まさ 容貌かおかたち うぬ むらじ まよ まち うわ 現世おつつよ 心中こころうち うつ ゆかり いさ うつ まど 薄紗ヴェール いそ 露顕ところあらわし 一時いちどき うしの ひな ぎょう 昨夜ゆんべ 日本やまと おじ ほむら 丈夫ますらお 啓示しるし 淡海おうみ 現実おつつ きた ほう 蝶々ちょうちょ うる なつか こが 囲繞いじょう はず やから あめ うた おか きび しな のが こや 微風かぜ 耀かがよ くい のろ きわ がら 有難ありがと 鹿しし くれない 童児わくらべ つか 下人しもびと ごと せい かん 文章もんじょう 石走いわばし 春日はるひ えが 甲斐がい 武人もののふ 官人つかさびと なま いや 装束いでたち まか たえ ひと うば 大事おおごと よしみ