“かげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カゲ
語句割合
30.4%
24.5%
13.8%
12.7%
陰影5.7%
4.8%
鹿毛1.7%
陰翳1.0%
0.7%
0.6%
0.6%
蔭影0.4%
投影0.3%
庇陰0.3%
庇護0.2%
庇蔭0.2%
0.2%
0.2%
暗影0.2%
映像0.1%
翳影0.1%
余影0.1%
0.1%
0.1%
幻影0.1%
影陰0.1%
後影0.1%
木蔭0.1%
死蔭0.1%
0.1%
獄壁0.1%
0.1%
蔭場0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分のわった師匠がその電気を取りいで、自分に掛けてくれて、そのおで自分が生涯ぴりぴりと動いているように思っている。
かのように (新字新仮名) / 森鴎外(著)
そらくした! を、う、るくなる、此時して自分不幸とははなかつた。
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
じいっとみているとこっちの眼のまえがもやもやとって来るようでその人の身のまわりにだけがたなびいているようにおもえる
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
その時こうのにわとこのからりすが五ちょろちょろ出てりました。そしてホモイの前にぴょこぴょこ頭を下げてしました。
貝の火 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
はじめは、メディチのヴィナスのように、片手を乳の上に曲げ、他の伸ばしたほうのを、ふさふさとした三角形陰影の上に置いた。
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
考えてみれば、今の身があるのも、猿殿のおだ。ぜひ一度はり会って、真人間になった自分を見せて上げなければ済まない。
茶漬三略 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鹿毛連銭葦毛などの話のあるところ、黒んぼが駱駝にのつて沙漠をゆくところなど一枚二枚と読んでもう終りにちかい元寇の章まできた。
銀の匙 (新字旧仮名) / 中勘助(著)
この頃では明るい光をみることの方が多くなり、折々は陰翳がさしても自分の工夫でそれを拂ひのけることができるやうになつたのである。
盲目 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)
もと大きな物置藏のあつた跡の芋畑の一葉一葉にも殘らずその青やかなは流れてゐて、芋の葉の廣いのや畑の縁に立ち並んでゐる玉蜀黍の葉の粗く長いのが
姉妹 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
もう日もつた山蔭の溪ばたの風を恐れながらも着物を脱いで石の上に置き、ひつそりと清らかなその湯の中へうち浸つた。一寸立つて手を延ばせば溪の瀬に指が屆くのである。
みなかみ紀行 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
北側だけに、山腹にはおおく日がっていた。そのうすら冷い日蔭に在ってもなおこの花だけはほのかに日の光を宿しているかの様に浮き出でて見えたのであった。
みなかみ紀行 (新字新仮名) / 若山牧水(著)
その男は頭から足の先まで蔭影にかざされてゐるのだ。ただほんのりと前から光りをうけてはゐるが、レヴコーがちよつとでも前へ出ようものなら、いやでも自分のを明るみへ曝さなければならぬ。
梅雨後の勢のよい青草が熱蒸れて、真面に照りつける日射が、深張の女傘投影を、鮮かにした。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
へえゝ……成程……は……あゝ(両手み)有難じます、南無薬師瑠璃光如来、お庇陰ちまして両眼ともかになりまして、誠に有難じます……成程は手でございますか。
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
さして引入れしなからず塞翁がうまきして幾歳すぎし朝日のかげるが松澤庇護なるものから喉元すぐればるゝ對等地位ればうるさくなりてりつく/″\ずるやう十町
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
そもそも最初にめがわが対岸へ廻わりし時にも腹は立ちしが、じっとえて争わず、普通大体のものならばわが庇蔭たる身をもって一つ仕事に手を入るるか、打ちいても飽かぬ奴と
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
対合った居附の店の電燈瓦斯晃々とした中に、小僧のや、帳場の主人、火鉢の前の女房などが、絵草子の裏、硝子の中、中でも鮮麗なのは、軒に飾った紅入友染の影に、くっきりとれる。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
白き家鴨、五羽ばかり、一列に出でて田の草の間をる。行春を象徴するもののごとし。
山吹 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
まるで当所なきさすらひ人のやうに、高く雲間に聳えたち、まぶしい陽の光りが絵のやうな青葉のかたまりを赫つと炎え立たせると、その下蔭の葉面には闇夜のやうな暗影が落ちて
盾のおもてに映して、はじめて彼は安全に、ゴーゴンの顔の映像を見ることが出来るのでした。
コップのつるつるした胴廻りにうつる自分の顔のおかしな映像を眺めたりしては
新子の周囲には、愛人らしいものの、翳影も落ちていない方が、のぞましかった。こうして、新子の面倒を見ていて、いつかどうしようという野心は、神に誓ってないと前川は自分で思っている。
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
しかし、新子の心に、前川の落している翳影は、かなり大きかった。新子は、自分の心持を打ちあけ、お互に許し合って、三月前の二人に帰るべく、あまりに複雑した気持になってしまっていた。
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
無かった縁にいはかぬつもりで、今日に満足して平穏に日を送っている。ただ往時感情した余影が太郎坊のえる酒の上に時々浮ぶというばかりだ。
太郎坊 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
御堂の両側は鎌倉時代につぎ足した礼堂になっており、北面は壁、東側は手向山のに接しているので、堂内は非常に暗い。西方からの光りだけがわずかに群像を照らし出す。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
九女八は、まだ、素足の引っこみの足どりの幻影を、庭の、雨足のなかに追いながら
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
二人はゆっくりと肩から支械(担具)を取り外すと、それを両手にかかえて西側の傾斜へ影陰のように静かに消え失せた。
土城廊 (新字新仮名) / 金史良(著)
後影は確かにわが陸軍の将校士官のうちなるべし。一人は濶大に一人は細小なるが、打ち連れて物語などして行くさまなり。武男はその一人をどこか見覚えあるように思いぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
そればかりでなく、お互いに顔を見合っているうちに、眼の前が見る見る死蔭のように暗くなって来ます。
瓶詰地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
Largo や青い雲やながれ
春と修羅 第二集 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
さみどりの薄羽かげろふ獄壁にゐて涼しき風の透るさ夜更く
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
よね おがそぎやん云ふなら、そツでかこてしとこう。こんにや果物と菓子ばちつとばつかり入れといたばい。そるから、もう忘れもんななかろね。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
四辺は火事場のそれかのようどこに隠れる蔭場もない。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その席に要離なる者あって、勇士とは日と戦うにを移さず、神鬼と戦うにらさずと聞くに、汝は神に馬を取られ、また片目にまでされて高名らしく吹聴とは片腹痛いと笑うたので
初夏の青いさす青鬼灯のやさしい蕾。暗澹たる雷雨の中に朱く熟れた鬼灯の実。夏もすがれ秋はさりげなく蝕まれて残る鬼灯の茎。
小さな庭 (新字旧仮名) / 原民喜(著)
「手前の後をけて来て、勝手口の方から裏へ廻った奴があるから、月を眺めるような顔をして、縁側から覗くと、戸袋のから、刀の小尻が二本」
はゞぶが緑樹つゆ、寐間着のまゝにもふべし、螢名所田畑かり、天王寺に、はあまりなからねど、ふに十分なり
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)