“くも”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クモ
語句割合
蜘蛛42.4%
32.3%
15.4%
6.7%
1.1%
0.9%
0.3%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
蜘妹0.1%
蜘珠0.1%
雲霧0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ついに、彼の目の睫毛と睫毛との間に小さな一蜘蛛をかけるに及んで、彼はようやく自信を得て、師の飛衛にこれを告げた。
名人伝 (新字新仮名) / 中島敦(著)
やがて大きなつめでひっかくようながするとうと、はじめわれていたものがろしいけもののになって
(新字新仮名) / 楠山正雄(著)
それはやはり火のようにえておりました。けれども気のせいか、一所小さな小さなでついたくらいの白いりが見えるのです。
貝の火 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
るに形躯変幻し、依附し、り雨湿うの、月落ち横たわるのいて声あり。其のえどもることなし。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
それでも母様私は何処へか行くので御座りませう、あれ彼方に迎ひの車が来てゐまする、とて指さすを見れば軒端のもちの木に大いなるの巣のかかりて
うつせみ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
時々は馬鹿にした小鳥が白い糞をしかける。いたずらなめが糸でをしめる。時々は家の主が汗臭い帽子を裏返しにかぶせて日にらす。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
心なしか、こよいは、灯も鮮やかに、りなくって、なんとなく胸も花やぐようなと、灯占をたてていたが——
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さては煙草の煙りのために朦朧とりのった中から音楽がはじまった。
孤独 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
婦人はとにもかくにも遣過せしが、又何とか思直しけん、に追行きて呼止めたり。捻向けたる酔客はれると見据ゑて、かとしさにさず。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
らにづきて
茴香 (新字旧仮名) / 末吉安持(著)
乳母よ。この絲は蝶鳥の翼よりも美しいが、蜘妹より弱く見えるがや——。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
恐ろしく長い足がニユツと延びたところは、何となく蜘珠を思はせる恰好です。
こうして全体を見渡したところ、あんまり雲霧が多く、大地がほとんど見えないので、何だか夢のような感じがするのであった。