“眊”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かす60.0%
くも20.0%
まどろ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼が最愛の妻は、その一人を守るべき夫の目をめて、みても余ある高利貸の手代に片思の涙をぐにあらずや。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
婦人はとにもかくにも遣過せしが、又何とか思直しけん、に追行きて呼止めたり。捻向けたる酔客はれると見据ゑて、かとしさにさず。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
す事もあらねば、貫一は臥内に入りけるが、むと為ればに、めて、そのままにるとともに、様々の事思ひゐたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)