“遣過”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やりす50.0%
やりすご40.0%
やりすぎ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上野行、浅草行、五六台も遣過ごして、硝子戸越しに西洋小間ものをく人を透かしたり、横町へ曲るものを見送ったり、りに謀叛気を起していた。
妖術 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
先方から来た外套の頭巾目深の男を遣過すと、不図後前を見廻して、ツイと許り其旅館の隣家の軒下に進んだ。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
是は驚た、あゝ美術心が有ても駄目だ、余り旨く遣過ても無益の事だ、貴方はだあの老人が左得手で、筆を持つまで左の手だと云う事を
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)