病院の窓びょういんのまど
野村良吉は平日より少し早目に外交から帰つた。二月の中旬過の、珍らしく寒さの緩んだ日で、街々の雪がザクザク融けかかつて来たから、指先に穴のあいた足袋が気持悪く濡れて居た。事務室に入つて、受付の広田に聞くと、同じ外勤の上島も長野も未だ帰つて来な …
作品に特徴的な語句
いら ちよい ぬくも 紛糾ごちやごちや 表面うはつつら 空腹すきつぱら 恐怖おそろしさ はさ やど 外出でかけ ちよつ 周章どぎまぎ たふ 微笑ほほゑみ ほと 周章あたふた こはば 追放やらは せは きさま ほじく のが 明瞭くつきり 性急そそくさ 機会しほ 老母ばばあ うつす はづ 挙動やうす せゐ 彼方むかう いぢく おやぢ 狼狽うろたへ づつ 真実まつたく きつぱ 紛擾さわぎ みづか にほひ 両側りやうわき 邂逅でつくは 着服ちよろまか いつ 種々いろん 退すさ いづ かたはら 紛糾こんがら 職業くち はか 漸々やうやう 忠実まじめ には 反覆ひつくらかへ 表情しほ 打付ぶつつ 坑道しき をつと 道理もつとも きり 空虚からつぽ たつた 川向かはむかひ 父親おやぢ をか 怖々おづおづ じつ しやぶ おまけ 滑稽をかし 上面うはつつら 卓子ていぶる 二艘にはい 太初たいしよ おとな 痕跡かた しま 平日いつ こた 以前まへ やつ おつ 衣嚢ポケツト かしこ 新川しんせん 身動みじろぎ 凝然じつ すさまじ 態度やうす 明白あきらか 一日いちんち さま
題名が同じ作品
病院の窓 (旧字旧仮名)南部修太郎 (著)
病院の窓 (旧字旧仮名)石川啄木 (著)