妖術ようじゅつ
むらむらと四辺を包んだ。鼠色の雲の中へ、すっきり浮出したように、薄化粧の艶な姿で、電車の中から、颯と硝子戸を抜けて、運転手台に顕われた、若い女の扮装と持物で、大略その日の天気模様が察しられる。 日中は梅の香も女の袖も、ほんのりと暖かく、襟巻 …
作品に特徴的な語句
ひど どめ そう しずく ぶち いい ほざ うわ さかさま 身上みじょう 娘子むすめこ なが せなか きまり うるみ 嬰児あか 見透みとおし そぐ かな 三日さんち とおり すき ふっく おおき 一攫ひとつま 一時ひとしきり こうべ 阿媽かかあ 婆様ばさま おく 誰彼たそが つめた ほっそ 大金だいきん 出張でっぱ ひらき 目前めのまえ 扮装みなり たなそこ にじ すそ むき あかる つい つま 顔色かおつき つむり 一杯ひとつ うしろ なまめ さかさ うずく うっす あねえ わき せな しゃ 内端うちば むらが 素直まっすぐ かご 立籠たてこ 手術てわざ みつ あい つがい 猶予ため 可笑おかし ゆら あらた 斜違はすっか みひら めぐ ひき はじ 微笑ほほえみ 思懸おもいが あわただ かか 扇子おうぎ ぬぐ すわ かか 推着おしつ ゆす しな めぐ しゃが なが かおり えん やに