妖術ようじゅつ
むらむらと四辺を包んだ。鼠色の雲の中へ、すっきり浮出したように、薄化粧の艶な姿で、電車の中から、颯と硝子戸を抜けて、運転手台に顕われた、若い女の扮装と持物で、大略その日の天気模様が察しられる。 日中は …
作品に特徴的な語句
馴々なれなれ あかね 午頃ひるごろ 枝折戸しおりど 初手しょて 蔵前くらまえ 一室ひとま 堅気かたぎ 駒下駄こまげた まんじ 硝子窓がらすまど 花簪はなかんざし ともえ 母衣ほろ 一本ひともと 名告なの 片頬かたほ 道行みちゆき 円髷まげ 妙齢としごろ 大欠伸おおあくび 日脚ひあし 陶然とうぜん 生際はえぎわ 気紛きまぐ 艶麗あでやか 豌豆えんどう 駒形こまがた 見遣みや 内端うちば 駄々だだ 矢絣やがすり 糠雨ぬかあめ 緋鹿子ひがのこ 薄紅うすくれない 口籠くちごも 三日さんち 嬌態しな 友染ゆうぜん 撫肩なでがた 素面しらふ 生粋きっすい 裾模様すそもよう 一年ひととせ 誰彼たそが 丈長たけなが 俄雨にわかあめ 飜然ひらり 胡蝶こちょう うすもの 立籠たてこ 余波なごり うるみ 鮮麗あざやか 目前めのまえ 幾干いくら 中折なかおれ 待遠まちどお 出張でっぱ 夥多おびただ 辿々たどたど 真正面まっしょうめん 空合そらあい 騒動さわぎ 姉様あねさま 乗合のりあい 小間こま 相合傘あいあいがさ 結目むすびめ 肱掛窓ひじかけまど 留南奇とめき 前刻さっき 不了簡ふりょうけん 大金だいきん どっ しゃち 硝子越がらすご 広前ひろまえ 露顕あらわ 擬宝珠ぎぼしゅ 判明はっきり しぶき 大略あらまし 嘘言うそ 抜出ぬけだ 気競きお 煙管筒きせるづつ 歴然ありあり 擦違すれちが 真打しんうち 一攫ひとつま 敷妙しきたえ 負惜まけおし ずわえ 錦木にしきぎ 低頭うなだ 乗客のりて 手洗鉢みたらし 住所ところ 手術てわざ