“一帆”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いっぱん66.7%
かずほ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一帆”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
眠るような一帆いっぱんはいつまでも淡路の島陰にあった。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
先駆せんく一帆いっぱん
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
舟崎は名を一帆かずほといって、その辺のある保険会社のちょっといい顔で勤めているのが、表向は社用につき一軒廻って帰る分。
妖術 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)