子規居士と余しきこじとよ
松山城の北に練兵場がある。ある夏の夕其処へ行って当時中学生であった余らがバッチングを遣っていると、其処へぞろぞろと東京がえりの四、六人の書生が遣って来た。余らも裾を短くし腰に手拭をはさんで一ぱし書生さんの積りでいたのであったが、その人々は本 …
作品に特徴的な語句
あし なや はじめ ねむ きわみ しょう 鷦鷯しょうりょう しょう かお そむ さけ たかし うる あゆみ こゞ はっ つづり かたわ 正直まさなお いだ うえ よそ ひそ おろそ そこな 一寸いっすん 青々せいせい すぎ うすづ 時々じじ 彷徨うろつ はじ ぞんじ 妹君まいくん 叔父しゅくふ こら うがい 一先ひとまず もた ずし のぼ ゼロ かん はるか 逍遥さまよ うたい くさ まとま こと 石橋しゃっきょう みひら 生死しょうし さかん 烙印やきいん きよ 此度こんど きま 栗生くりふ はさ 憫殺びんさい のち 往還ゆきかえり たび つい たむ すくな 寡婦かふ 宙外ちゅうがい 孑孑ぼうふり 如何いかん おおい 夜中やちゅう 咳嗽がいそう めい 其村きそん たま 何卒なにとぞ 卜居ぼっきょ なん からかさ 出立いでた かみ のぼ きずつ