“宙外”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちうぐわい57.1%
ちゅうがい42.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
随筆は、奥州会津諏訪越中大力ありて、これは宙外さんの猪苗代から、山道だから面白い。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
をついてまると、先生にはお客分仔細ないのに、宙外さんもかれて、四角つて、のいきを、はあはあと、らピンとねたんだ。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
小説家後藤宙外氏が鎌倉に住んでいたのことであると云うから、明治三十年前後のことであろう、その時鎌倉の雪の下、つまり八幡宮の前に饅頭屋があって
二通の書翰 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
船は早や港を出るよと思えど窓外をく元気もなし。『新小説』取り出でて読む。宙外の「血桜」二、三頁読みかくれば船底にすさまじき物音して船体にわかに傾けり。皆々思わず起き上がる。
東上記 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)