“後藤宙外”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごとうちゅうがい80.0%
ごとうちうぐわい20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『国民の友』の春季附録には、江見水蔭星野天知後藤宙外、泉鏡花に加えて彼女の「別れ」が出た。評家は口をそろえて彼女をえた。
樋口一葉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
さて明治三十二、三年頃後藤宙外『松葉かんざし』とかいへる小説に浅草公園楊弓場のことを描きたり。
桑中喜語 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)