“山道”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やまみち88.5%
やまぢ7.7%
さんどう3.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人は、そこでしいれをしました。びっこのは、ひとり山道いてります途中ばたのをかけてみました。
日がさとちょう (新字新仮名) / 小川未明(著)
あしひきの山道らず白橿もとををにれれば 〔巻十・二三一五〕 柿本人麿歌集
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
そこには島原から普賢樵夫道に過ぎぬ旧山道が通じていてここを一里半上れば普賢の絶頂に出られるのである。
雲仙岳 (新字新仮名) / 菊池幽芳(著)