“やまみち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
山路57.1%
山道23.5%
山径17.3%
山途2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
峠越の此の山路や、以前も旧道で、余り道中の無かつたを、汽車が通じてからは、廃駅に成つて、も又戻つたと言はれる。
貴婦人 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
だんだん山道って、け、えて、とうとう山奥まで行きました。山の上はしんとして、のさわぐもしません。
姨捨山 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
その日も彼は女を背負って峠のあちら側の山径を登ったのでした。その日も幸せで一ぱいでしたが、今日の幸せはさらに豊かなものでした。
桜の森の満開の下 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
馬が少し早くなると(早くするのだ)逃亡者はでんぐり返って、そのまま石ころだらけの山途を引きずられた。半纒が破れて、額やから血が出ていた。その血が土にまみれて、どす黒くなっている。
人を殺す犬 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)