“孑孑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぼうふら75.0%
ぼうふり25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふらふら孑孑のようだわね……あれから、上へ上へと見霽の丘になって、段々なぞえに上る処……ちょうどここと同じくらいな高さの処に
石油は強い殺虫剤です。下水やへ流しておくと孑孑が死にますから蚊が発生しません。稲の害虫をムラという悪い石油で殺す事もあります。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
例えば何月何日にが鳴って何とかいう家におっこちたという通信種を、その家の天水桶に落雷して孑孑が驚いたという風に書いて
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
やがてそれが孑孑みたいに動きはじめ、次第に大きくなって鳥の形になり、黒い翼がみえ、声がきこえて、それはみな島をめがけて帰ってくる烏だということがわかる。
島守 (新字新仮名) / 中勘助(著)