島守しまもり
これは芙蓉の花の形をしてるという湖のそのひとつの花びらのなかにある住む人もない小島である。この山国の湖には夏がすぎてからはほとんど日として嵐の吹かぬことがない。そうしてすこしの遮るものもない島はそのうえに鬱蒼と生い繁った大木、それらの根に培 …
作品に特徴的な語句
かぐわ なごや ゆるや いとけな ひやや ぎょう 鴛鴦おし さわが なめらか 憧憬しょうけい にぎやか やわらか すこやか しおから かしこま おのれ えら わずか 笠鉾かさぼこ すさま すべ いにしえ 簇葉そうよう 簑笠みのがさ 飯綱いいづな たえ 孑孑ぼうふり たび つり ねんごろ はるか しば いが のぞ 柴舟しばぶね 裾曳すそび 蘚苔せんたい きくいむし かかと かみ 神輿みこし 秣山まぐさやま ざる うえ ほうき こも かす 粗朶そだ あわ 紅葉もみじ 羊歯しだ 羽箒はぼうき 羽衣はごろも はね みどり 胡瓜きゅうり くちびる 芙蓉ふよう 芝蝦しばえび 茄子なす 茱萸ぐみ きのこ 菅笠すげがさ はぎ 葛蘿かずら ねぎ 蓮華れんげ 蕎麦そば しじみ 蜥蜴とかげ よろい ねずみ かび 黒姫くろひめ きび こうじ 鸚哥いんこ さぎ 鶺鴒せきれい ひわ かも ます 鰹節かつおぶし ひれ 魚狗かわせみ 魑魅ちみ 鬱蒼うっそう 香煎こうせん しずか しずく 雑魚ざこ 雉笛きじぶえ のみ さまよ