“絽”の読み方と例文
読み方割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女はさっきとちがい、よそゆきらしい薄い金茶色のの羽織を着て、いつものとおり薄く化粧をしているのが相変らず美しい。
黒髪 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
熱くて脱いだ黒無地のべんべらが畳んであった、それなり懐中捻込んだ、大小すっきり落しにさすと云うのが、洋杖、洋杖です。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
吉川と云う方は、明石縮単衣に、藍無地の夏羽織を着て、白っぽい絽の穿いて居た。二人とも、五分ものない身装である。
大島が出来る話 (新字新仮名) / 菊池寛(著)