“綿絽”の読み方と例文
読み方割合
めんろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
媒妁夫妻は心嬉しく、主人は綿絽の紋付羽織に木綿茶縞の袴、妻は紋服は御所持なしで透綾の縞の単衣にあらためて、に新郎新婦の到着を待った。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)