“綿々”の読み方と例文
読み方割合
めんめん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もしも彼らの間に恋の花が咲いたなら、間もなく彼らを取り巻く花と空との明るさはその綿々とした異曲のために曇るであろう。
花園の思想 (新字新仮名) / 横光利一(著)
ト月過ぎタ月ても綿々ろう/\として、筑紫琴習う隣家がうたう唱歌も我に引きべて絶ゆる事なく悲しきを、コロリン
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
雲は白く綿々として去来し、巒気はふりしきるの声々にひとしおに澄みわたる、その峡中に白いボートを漕ぐ白シャツの三、五がいる。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)