“筑紫琴”の読み方と例文
読み方割合
つくしごと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ト月過ぎタ月ても綿々ろう/\として、筑紫琴習う隣家がうたう唱歌も我に引きべて絶ゆる事なく悲しきを、コロリン
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
二箇の賊は商量して、次の日、何れの里にてか、筑紫琴三絃なんど盗み来つ、この両種をお夏に授けて、ひかせもし、歌はせもして、時なく酒の相手とす。
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
筑紫琴』にもある通り、庚申に通うより庚申の夜祈れば何事も叶うとしたらしい。