“筑紫義”の読み方と例文
読み方割合
つくしぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのほか安居院の聖覚法印、二尊院の正位房なども自分の宗義の証明には聖光房をひき合いに出したそうである。聖光房の門流を「筑紫義」という。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)