“綿密”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
めんみつ92.3%
こまめ7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
富士山測量はいまだ綿密に出来ていないごとく、大人物であればあるほど、その高さも大きさも容易凡人の見分け得るものでない。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
「まことに、綿密な御軍配、それ以上はございますまい。が、そのためにかえって、どこもかしこも、守線の薄い弱味がなくもございませぬ」
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
主人の政治学者は事によつたらあの通り綿密な内田氏の事だ、案内書の本文にどこか間違でも発見けて、それをわざ/\気をつけに来たのではあるまいかと思つた。