“綿屑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わたくず66.7%
わたくづ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もう、結納もすみ、あの家では、初春の支度で、花嫁の準備で、友禅小布れや綿屑が、庭先に掃き出されてあるのでもそれが分る——と、云うのだった。
濞かみ浪人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
土蔵や火防け壁などが無かったせいか、家という家がきれいに焼け失せて、焚きおとしのようになった柱や綿屑やぼろが僅かにちらばっているだけであった。
柳橋物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
店の間一杯に縫ひかけの五布蒲團を擴げて、一心に綿を入れてゐた茶店の若い女房は、二人の入つて來たのを見ると、雪のやうにりへ附いた綿屑を拂ひてながら
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
夜食で「あゝあ、だいれは?」給仕てくれた島田髷女中さんが、「ですの。」魚軒たい綿屑頬張つた。勿論宿錢い。いや、はず、いた。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)