濞かみ浪人はなかみろうにん
几帳面な藩邸の中に、たった一人、ひどく目障りな男が、この頃、御用部屋にまごまごしている。 彼は、俗にいう、ずんぐりむッくりな体格で、年は廿六、七歳だった。若いくせにいつも襟元がうす汚い。袴の紐もよく締まって居ないと見えて、後下がりに摺ッこけ …
作品に特徴的な語句
しゅん ちが かえ がしら 彼奴あやつ づめ つる 女中おんな いん がえ いさか 挑灯ぢょうちん 仕舞じまい 懇意ちかづ づつみ しょ 縁端えんはし 行燈あかり あや 提燈かんばん かか あい にく 一瞬いっとき うしろ つかわ 遊里あそび あり しわぶき 過失かしつ 振舞ふるま 小布こぎ 紹介ひきあ もら おんな ひと 奥方おく しゅう むね 輿入こしいれ 辻斬つじぎ 近習きんじゅう はま えん 胸算むなざん 性懲しょうこり からだ あかり いか ほぞ 佩刀はかせ みよし 面喰めんく つら 俳号はいごう みが 気色きしょく じっ のち おく くち 遊蕩あそび 各〻めいめい しお 千賀ちが うれ つくろ さかな ひじ あつ しま 綿屑わたくず 竹荘ちくそう