“綿衣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わたいれ55.6%
ぬのこ22.2%
どてら11.1%
わたごろも11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
男は手織り縞の綿衣をきて、鉄色木綿の石持の羽織をかさねていた。履物はどうしてしまったのか、彼は跣足であった。
半七捕物帳:28 雪達磨 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
昔は金瓶楼小太夫といわれた蘿月の恋女房は、綿衣襟元手拭をかけ白粉焼けのしたの多い顔に一ぱいの日を受けて
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
甚「の肉を食うと綿衣一枚違うというから半纒を質に置いてしまったが、オウ、滅法寒くなったから当てにゃアならねえぜ、本当に冗談じゃアねえ」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
皆は思い思いの作務衣を着て、裏山へ分け入った。ぼろぼろになった麻衣を着ているものもいた。袖のない綿衣を着ている者もあった。雲水たちの顔が変っているように、銘々の作務衣も変っていた。
仇討三態 (新字新仮名) / 菊池寛(著)