“邊”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
へん26.7%
あたり25.7%
ほとり12.4%
11.4%
7.6%
あた5.7%
ほと3.8%
へり1.9%
ヘン1.9%
ホトリ1.9%
わたり1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明治十二年横濱きまして、その出來てゐました汽車東京途中汽車からそこら風景めてをりました。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
しさにり、病院服も、シヤツも、ぴり/\と引裂くのでつたが、其儘氣絶して寐臺れてつた。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
母も續いて、それにあゝ𢌞りがわるくては傳造も息子をば如何することも出來ないだらう、とこれも口ので聲を出さずに笑つた。
古い村 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
この時市の忍齒の王相率ひて、淡海にいでまして、その野に到りまししかば、おのもおのもに假宮を作りて、宿りましき。
次にタギツヒメの命は胷形のつ宮においでになります。この三人の神は、胷形の君たちが大切にお祭りする神樣であります。
逆手に取直し胸のりへ押當てれと刺貫き止めの一刀引拔ば爰に命は消果に世に不運の者も有者哉夫十兵衞は兄長庵の爲に命を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「サンジスの岸で眠るときに夢の裡で。そして再びまたもつと先きになれば——他の眠りが(死が)私を襲ふときに——より暗い川のりで。」
そして小さな細かい氣泡が、茶碗の表面に浮びあがり、やがて周圍のに寄り集つた。その時私はまた一つの角砂糖を壺から出した。
宿命 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
爐を焚くことの少い此では、地下百姓は、夜は眞暗な中で、寢たり、坐つたりしてゐるのだ。でもこゝには、本尊が祀つてあつた。夜を守つて、佛の前で起き明す爲には、御燈を照した。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
片破れ月が、つて來た。其が却て、あるいてゐる道のの凄さを照し出した。其でも、星明りで辿つて居るよりは、よるべを覺えて、足が先へ/\と出た。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
露日と戰ひ、そのの冷かなるためにたやすく消えざるところにいたれば 一二一—一二三
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)