“奈邊”のいろいろな読み方と例文
新字:奈辺
読み方割合
いづく33.3%
いづこ33.3%
どこ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ネープルスづるにはめるが鮮明甲板してつたが、日數二週あまりをぎて——勿論先刻までは新月かな奈邊にかめられたのであらうが
見えざる光となつて、今猶、或は、世界の奈邊かにさまようて居るかも知れぬ。
漂泊 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)