“奈”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いか50.0%
いずく16.7%
16.7%
16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れ遠謀禍殃かおうを招くをいかん 牆辺しようへん耳あり隄防を欠く 塚中血は化す千年みどりなり 九外屍は留む三日香ばし 此老しろうの忠心皦日きようじつの如し 阿誰あすい貞節りんとして秋霜 た知る泉下遺憾無きを ひつぎ
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
いずくんぞ命薄く時そむ
愛卿伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
まじいにあひ見る事のつれなきに
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
豊公の如き翁の如き、彼らは活動を知って満足を知らざるに似たり、偉人の成功は活動にして偉人の満足又活動に存するか。
絶対的人格:正岡先生論 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)