“いずく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イズク
語句割合
何処47.0%
18.1%
12.0%
4.8%
3.6%
何国3.6%
那処2.4%
何所2.4%
1.2%
何地1.2%
何方1.2%
1.2%
1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
男性絶対尊重の女たちにまで、鉄砲をもらっては、それこそもはや、何処の国へいっても顔向けの出来ない男性の汚辱を残す。
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
んぞ知らんこの種の句は月並家者流において陳腐を極めたるものなるを。恥をかざらんと欲する者は月並調も少しは見るべし。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
当時私はさる批評家から此の着附けを褒められたものだが、んぞ知らん、これは偕楽園夫人の入れ智慧であつた
青春物語:02 青春物語 (新字旧仮名) / 谷崎潤一郎(著)
れどもさらに一層を突進して論ずれば、その非常の事たりしがためのみ。彼は非常を愛して、凡俗の行をなすを厭う。もし衆人みな独木橋を渡らば、彼んぞ喜んで渡らん。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
「風は金波を揺がして遠く声あり、船頭、ンぞ耐えん今夜のか、オイ、戸外へ行くと、怖いことがあるぜえ、承知かア」
湖畔 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
この上は尼とやならむ。巡礼とやならむ。何国の御方か存じ参らせねど、此の上の御慈悲に、そのすべ教へて賜はれかしと、砂にひれ伏して声を忍ぶなり。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
筒袖の単衣着て藁草履穿きたる農民のとおぼしきが、鎌を手にせしまま那処よりか知らず我らが前に現れ出でければ、そぞろに梁山泊の朱貴が酒亭も思い合わされて打笑まれぬ。
知々夫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
ういう場合であるから何所へまいるにも、そちをれる。』はそうせられたそうで、でも、いとしき御方苦労艱難にするのがめと、覚悟されたのでした。
徳川氏の天下を治めたる文教の力りて大ならずとせず。んぞ知らんや、この文教なるものは封建制度を寸断する危険なる分子をその中に含まんとは。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
象山曰く、「語を寄す、吾が門同志の士、栄辱にりて初心にれ」と、松陰答えて曰く、「に死生をりて余事に附す、んぞ栄辱に因りて初心に負かんや」
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
智馬死すると聞いてたちまちき去ったとはられがたいようだが、前達て『太陽』へ出した「戦争に使われた動物」てふ拙文中にも説いた通り、昔は何地の人も迷信重畳しおり
二人をみ据えて言葉も荒々しく、政宗謀叛とは初めより覚悟してこそ若松を出でたれ、何方にもあれ支えたらば踏潰そうまでじゃ、明日は早天に打立とうず、とった。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
んぞ命薄く時
愛卿伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
この孟子の書の開巻第一には梁恵王との問答が収録されているが、その中に「天下にか定まらん」という恵王の問がある。孟子はそれに答えて「に定まらん」という。
永久平和の先決問題 (新字新仮名) / 大隈重信(著)