“いづこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
何処43.2%
何處40.9%
何所4.5%
何方4.5%
奈辺2.3%
何國1.1%
何地1.1%
奈邊1.1%
如何処1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は何者か、に近くみ寄る跫音、続いて何事か囁く声を聞き侯ふが、少時にして再び歩みせば、……あゝ何処にて捕へられしや。
夜あるき (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
有爲轉變の世の中に、只〻最後のきこそ肝要なるに、天にき人に離れ、いづれれぬをば、何處までしまるゝ一門の人々ぞ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
斯の如き有様故、此無根の風説の世間に伝はることの速さは想像の外に候。小生の平素全く知らざる人にして、何所より聞き知りしか、此風説を聞き知り居る者有之候。
申にぞ越前殿其松五郎は何方にありしやとのおねに右松五郎は先達惡漢八五郎と申者召捕られし時より何處へか逃去其後行方分らざるよし申立ければ越前守殿其八五郎とは先達て八丈島へ流罪申付たる八が事ならん其泥八が申口にて相尋ねし松五郎なる者行衞知れず勿論其節ならば其方を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
さてさて奈辺へ持つて行つて晴したらよからうか……。
青白き公園 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
ひ、彼處ゆる白色巡洋艦、あれは何國軍艦で、何處から何處しての航海中かはらぬが、一應かのけをめては如何だらう。
元來孤島にもに、だ、世界輿地圖表面にははれてらないで、櫻木大佐一行が、めて發見したくの無人島で、何國領地ともつてらぬだから
其人新聞題目となつて世人旅路したといふ、行先何地であらう、目的であらう。
草の奈邊れけむ
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
汝を恋ふるばかりに、しき処女の血にさへれしを知らずやテフ声、如何処よりか矢の如く心を射れり、山木梅子の美しき影、閉ぢたる眼前に瞭然と笑めり
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)