“どちら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
何方74.7%
孰方10.3%
何処6.7%
何處2.1%
1.0%
那方1.0%
何所1.0%
何力0.5%
何地0.5%
双方0.5%
四方0.5%
誰方0.5%
那辺0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ぢや、さんは何方だとしやるの」と、妹は姉の手を引ツ張りながら、めてがすを、姉は空の彼方此方めやりつゝ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
それもそんなに長い間の辛抱をいるのではない。大体今度の雪子の縁談が孰方かに極まる迄の間、と思ってくれて差支えない。
細雪:03 下巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
桂木は其のまざるの性質にしたれば、貴夫人がある贈物にいるため——函嶺を越ゆる時汽車の中でつた同窓の学友に、何処へ、と問はれて
二世の契 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
『今日は何處まで?』
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
にしても彼はこの春朝寒の頃の感冒から、体の倦怠を感じてゐた。
浪の音 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
どんつく布子の袖組み合はせ、腕拱きつゝ迂濶〻〻歩き、御上人様の彼様仰やつたは那方か一方おとなしく譲れと諭しの謎〻とは、何程愚鈍にも知れたが、嗚呼譲りたく無いものぢや
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
『此人は一番さんのお気質によく似て居るのでせうよ。何力も強い者同志でびんと撥ねてるのですよ。』
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
「付かない事をお聞き申すやうですが、那処にお父様とお話をしてゐらつしやるのは何地の方ですか」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
男はと息をついた。そして謹んで電話をかけて石炭を催促した。石炭と女房と——双方とも回復したやうな嬉しさを感じたのは、それからの十分も経つてからだつた。
四方を見ても山また山でございまして、中を流るゝ山田川、其の川上は日向見川より四万川に落る水で有りますから、トツ/\と岩に当って砕ける水の色は真青にして
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
二人は話もせず一緒に連れ立つて歩かうともしないで、他人のよそよそしさで歩き、誰方も振り返ることはしなかつた。
神のない子 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
「いいえ、貴方、那裡のお客様が急ぐと有仰つてで御座いますものですから、さう申上げに参つたので御座いますが、それぢやまあ、那辺へいらつしやいましたらう!」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)