鳥影とりかげ
小川靜子は、兄の信吾が歸省するというふので、二人の妹と下男の松藏を伴れて、好摩の停車場まで迎ひに出た。もと/\鋤一つ入れたことのない荒蕪地の中に建てられた小さい三等驛だから、乘降の客と言つても日に二十人が關の山、それも大抵は近村の百姓や小商 …
作品に特徴的な語句
化粧よそほ かゝ くな 穿つゝ 歔欷すゝりあ いゝや 習慣コンベンション せう しばたゝ もど むだ にほ 被仰おつしやる さや 頬冠ほゝかむり ワンダリングブォイス 微笑ほゝえ おと しな めく 襯衣ちよつき あし おとな 御座ごあ しつと あつた かぶ いゝ どや かゝ 待遇あつかひ かゝ 狼狽まごつ あひ ぴん しほ ひる 確乎たしか いぢく ちら やはら 狼狽うろたへ おのづ うるは 饒舌おしやべり ゆすぶ 被居ゐらしつ いきほ 選手チャンピオン 始終しよつちう やつ こぼ たつた そゝ おや 吩咐いひつか いえ いそが 諄々つべこべ をし 招待よば 被居いらし あまさ ゆつく いぢ 種々いろん 甘味おいし いつ かぶ しやが はつき 確乎しつか ほんの しま 平生いつ はづ ひる 臥床おとこ はにか いゝえ ものさし 焦立いらだた はず こまか しる 罨法あんぽふ はだか ずうつ 裁縫こしら をつと 抱擁だきかゝ
題名が同じ作品
鳥影 (新字旧仮名)石川啄木 (著)
鳥影 (旧字旧仮名)泉鏡太郎 泉鏡花 (著)