二世の契にせのちぎり
真中に一棟、小さき屋根の、恰も朝凪の海に難破船の俤のやう、且つ破れ且つ傾いて見ゆるのは、此の広野を、久しい以前汽車が横切つた、其の時分の停車場の名残である。 路も纔に通ずるばかり、枯れても未だ葎の結ぼれた上へ、煙の如く降りかゝる小雨を透かし …
作品に特徴的な語句
歩行あよ あでやか ひから あわい おとな 可傷いたむべし わかれ ちょう 入交いれか よっ 容色みめ とき あやしみ おり ひえ おそろし 退しさ くずれ まじわ たべ おろ 何処どちら かえり ちま たっ もが あい 紛々ふんふん さかしま 呪詛まじない 判然きっぱり わなな かえ いっ ぎゃく 主殺しゅころ たった 退すさ かか 疲労くたびれ かん まつわ とく きらめ ほぐ よぎ ただち 一流ひとながれ たたかい おそろ ふく ことさ 見聞みき こす つら うかご そびら とんが ちっ つめた 先刻さき にじ あれ きれ よそおい くぎ きっ ねむ 一時ひとしきり 物凄ものすさまじ 一揺ひとゆれ ばけ こう おく あが 掻取かいどり むろ 一所ひとつ ひるが ちがい しのび またたき ことば おそろ おおき 一夜ひとや にが 一個いっこ