永久平和の先決問題えいきゅうへいわのせんけつもんだい
風塵漸く収まって世界は今や夕凪の寂静に帰ったが、この平和を間歇的のものたらしめず永久に確保し行かんと欲する事が、この五年間戦雲に鎖された後に、斉しく眼覚めた全人類の渾身の努力で無ければならぬ。人々口を開けば正義といい、人道という。正義、人道 …
作品に特徴的な語句
ひく いずく くび いずれ くろな 如上じょうじょう とど こころ いつ もと くみ ゆだ 宛然えんぜん みだ ただ 譎詐けっさ ひそみ 乾綱けんこう おわ めい 如何いかん まか 差支さしつか 悔改くいあらた 惹起ひきおこ かか ふる 易々いい よう 空睡そらねむ くつがえ のぼ 下土かど わた 何人なんぴと 何処どこ 何時いつ 使臣ししん なら 偏狭へんきょう 兔狩うさぎがり 共怒きょうど 其処そこ 冀求ききゅう しの 初頭そもそも くわ 印度インド 吃緊きっきん 各々おのおの いな 吾人ごじん 和蘭オランダ かな 唇頭しんとう たしな 固陋ころう 基督キリスト ふさ 墺匈おうきょう 壟断ろうだん 夕凪ゆうなぎ ほか 夢痕むこん 如何いか 子思しし 孔子こうし 孟子もうし 季世きせい そう 屡々しばしば 屡次るじ 左様さよう ねが 干戈かんか 幾何いくばく 弭兵びへい 怨嗟えんさ たの もと 悖戻はいれい 愈々いよいよ 愛蘭アイルランド おも 抑々そもそも