“印度”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
インド88.4%
いんど11.1%
ヒンズー0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしながら色は必ずしも白色でなければならぬとは限らない、印度の女の皮膚の色には別なかみとらかな光沢があって美しい
楢重雑筆 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
表立った醜聞はなかったにしても、何しろ印度は彼の身持ちのためには暑すぎた。彼はロンドンに帰って来ては、いよいよ悪名を流した。
モニエル・ウィリヤムスの『印度教篇』に、蛇は大抵の民族がく忌むものながら、インド人はほとんど持って生まれたように心底からこれを敬愛称美するとあった。