“吾人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごじん91.6%
われら7.5%
われわれ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いや、いや。そんなことはない。けだし、風病にかかって土になることはけだしすべて吾人に免かれないことですから。けだし。」
楢ノ木大学士の野宿 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
鋼索化學用劇藥其他世人到底豫想幾多材料蒐集中なりしが、何時とも吾人氣付かぬ姿しぬ。
吾人は、いくらか名前を知られ、人の尊敬をるようになると、ちもうらくなったような気がして、心がみ、折角青年時代に守り本尊としていた理想を
ソクラテス (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)