“われら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
我等27.8%
吾等25.0%
我儕15.3%
吾人11.1%
吾儕6.9%
予等2.8%
吾輩2.8%
夫婦2.8%
1.4%
1.4%
吾曹1.4%
我們1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御用にあらず、其方達ずる豆州御勝手許不如意につき、此度御改革相成奉行我等相談にて、申付くるぞ
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
パリス れも名譽家柄であらせらるゝに、しう確執をなされたはおでござった。に、吾等申入れた御返答は?
そうして我儕が折角骨折って小石を積み上げて居ると、無慈悲の鬼めが来ては唯一棒に打崩す。ナポレオンが雄図を築くと、ヲートルルーが打崩す。
地蔵尊 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
女学雑誌社を代表者として、現出せし一派の流行思想吾人は之れを唯心的、凡神的の傾向と云ふ、直ちに之を唯心論、凡神論なりとは曰はず)
「人はいかなる境涯にも慣れるもので、それがまた吾儕に与えられたる自然の恵みである」と言った人もあったとやら。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
予等が詩、年を経るに従いていよいよ貴からんことこの酒のごとくならん、と誓ったそうだわね、と硝子杯を火にしてその血汐のごときを眉に宿して、大した学者でしょう、などと夫人
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
竜さては狐と共謀して、吾輩を食うつもりと合点し、急ぎると、きずられた狐は途上の石で微塵に砕けた。
し、夫婦
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
さて、三、……ひます。なれども、霜月さり、時刻にもお前樣がありました。……
三人の盲の話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
きますると、に、もののいてからは、さへ、いて、目前れぬ。
三人の盲の話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
其中目覺めしゆゑ、せる是非ばず、ともかくてござれ、とむるうちに、づく人聲逃出ましたが、絶望にや、いてりもせず
手前じをりまするは是限り。内祝言乳母承知何事にまれ、不埓御檢斷ばれうならば、餘命幾何もなき老骨如何御嚴刑にもせられませう。
かつまた、後来この挙にい、ますますその結構を大にし、ますますその会社を盛んにし、もって後来の吾曹をみること、なお吾曹の先哲を慕うが如きを得ば、あにまた一大快事ならずや。
慶応義塾の記 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
夫人に語らば定めて喜ぶことならん。されどいかなれば我們ねんとはせざりし。カステラマレに來てより既に八日になりぬ。われ。君達のこゝにすべしとは、しも思ひ掛けざりき。