“わたくし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ワタクシ
語句割合
79.1%
9.2%
筆者1.7%
円朝1.1%
小生1.1%
作者0.8%
野生0.6%
0.6%
私念0.6%
私曲0.6%
0.3%
吾儕0.3%
小僕0.3%
小妹0.3%
一個人0.3%
下拙0.3%
不忘0.3%
0.3%
圓朝0.3%
小勝0.3%
小官0.3%
小甥0.3%
拙僧0.3%
拙者0.3%
私設0.3%
老人0.3%
老爺0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
誠に有難い事で、もホツといて、それから二の一汽車京都御随行をいたして木屋町吉富楼といふりました
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
が、戦はなければならぬ相手は荘田勝平と云ふ個人ではありません。荘田勝平と云ふ人間の姿で、現れた現代の社会組織の悪です。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
この彼の好みを良く知っている筆者に照れたので、彼は思わず微笑したのだろうと思われる
ひとりすまう (新字新仮名) / 織田作之助(著)
る事は円朝薩張ぜずにりましたが、談洲楼焉馬めた文に承知いたしました。其文
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
この大官人中の大官人と覺しく、さうなる一人頭をげて、フレデリツクとは誰ぞと糺問せり。畫工進み出でゝ、御免なされよ、それは小生の名にて、伊太利にていふフエデリゴなりと答ふ。吏。
作者は、百号ダイヤのことについて、あまりおしゃべりをすごし、かんじんの清君たちの話から脱線してしまったようだ。では、章をあらためて述べることにしよう。
骸骨館 (新字新仮名) / 海野十三(著)
野生へおいで下さりますると、ああもったいない、雛形はじきに野生めが持ってまいりまする、御免下され、と云いさまさすがののっそりも喜悦に狂して平素には似ず
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
の持病です」と曾根は答えた。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
すべて、私念といふ陋劣い心があればこそ、人間種々企画を起すものぢや。罪悪の源は私念、私念あつての此世の乱れぢや。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
御神楽だけの事はありしも気味よし、それよりは江戸で一二といはるゝ大寺の脆く倒れたも仔細こそあれ、実は檀徒から多分の寄附金集めながら役僧の私曲、受負師の手品、そこにはそこの有りし由
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
侍童 御方うとてってわせられました。くへれてゐいとせられましたゆゑ、はさやうしました。
やがて燈火ったがわせて、かうとやしゃるやいな、御主人かしゃれました。それで走出して夜番びました。
話しお金は營業よりの歸り道二人が話しの容子を聞き殘らず吾儕に話したるより其無念やる方なくを殺して身の汚名
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ハイ外に證據とても御座りませねど吾儕營業よりの歸り元益方の裏手ると箇樣々々の話しをば。
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
下人 おさま、お客人らせられ、御膳部ました、貴下をばおさまをばおね、乳母どのはお庖厨大小言もかも大紛亂小僕めはこれからお給仕らにゃなりませぬ。
小妹何故こんな世の中に生きているのか解らないのよ』と少女がさもさもなさそうに言いました、僕にはこれが大哲学者の厭世論にもって真実らしく聞えたが
牛肉と馬鈴薯 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
貴様母の言葉を気にして小妹を見捨ては不可ませんよ』とき、その手を僕の肩にかけるが早いか僕の左のにべたり熱いものが触て一種、花にもる香が鼻先をめました。
牛肉と馬鈴薯 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
しい——すでに大使命をばつたる一個人ではあるが、松島海軍大佐つて、ひもし、りもしたき澤山ある。
身命なき下拙に御座候へば、死する事は塵埃の如く、明日を頼まぬ儀に御座候間、いづれなり死の妙所を得て、天に飛揚致、御國家の災難を除き申度儀と堪兼候處より、相考居候儀に御座候。
遺牘 (旧字旧仮名) / 西郷隆盛(著)
ただ弱小不忘ごときの筆に当時の模様を巨細に写す力のないことを、私は初めから読者と老人とにお詫びしておきたい。
日本の金権を掌握するところの大都名邑の紳士豪商諸君が、賛助の意を表したる一箇の女子大学校が設立をうする事が出来ぬとは、の信ずることの出来ぬところであります。
国民教育の複本位 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
花弁が一輪ヒラ/\/\と舞込みましたのをお嬢さんが、斯う持った……圓朝此様な手附をすると、宿無でも取るようで可笑いが、お嬢さんはと溜息をつき
いつぞや小勝が牛込の夜見世を素見したら、あッたから見ると、団扇は団扇だが渋団扇でげす、落語家がすててこを踊ッている絵が描いてあるから、いくらだと聴きましたら、値段がわずかに八厘
随筆 寄席囃子 (新字新仮名) / 正岡容(著)
「……ハッ小官は今すこし負傷兵を片付けましてから……」
戦場 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
伯母、実に小甥もこうしてのこのこ上がられるわけじゃないのですが、——御恩になった故叔父様や叔母に対しても、また武男君に対しても、このまま黙って見ていられないのです。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
拙僧から申しましょう……』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
奪ひ取りしは拙者に相違なくしながら其鎌倉屋金兵衞を殺せし覺えは決して御座無く候と猶々強情に申居たりける
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
……今回の勲功いやちことあって、凄いようなご褒美いただいた上に、私設の女検非違使——のようなものにご任官だ! ……待ったり、任官はちとおかしい。官位を貰ったんじゃアないからなあ。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「どう致しましてこの老人は、ご尊父様の時代からずっとずっとお邸内に住居しているものでございますよ」
大鵬のゆくえ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「いいや、何でごぜエますよ、その、先月までは奥様——ウンニャお嬢——ごご御病人様とばあやさんがおいでなさったんで、それからまア老爺がお留守をいたしておるでごぜエますよ」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)