大鵬のゆくえおおとりのゆくえ
吉備彦来訪 読者諸君よ、しばらくの間、過去の事件について語らしめよ。……などと気障な前置きをするのも実は必要があるからである。 一人の貧弱い老人が信輔の邸を訪ずれた。 平安朝時代のことである。 当時藤 …
作品に特徴的な語句
輿入こしい 和泉いずみ たちばな つぐみ さば 重畳ちょうじょう 遙々はるばる 奢侈しゃし 人物ひと 凛々りり 乾坤けんこん 手頼たよ 碓氷うすい 墨染すみぞめ 小粋こいき 渋団扇しぶうちわ ひわ 龕燈がんどう 化物ばけもの 御身おんみ ふた 木葉こっぱ 鑑定めきき 粛々しゅくしゅく 好奇ものずき 尾行つけ にせ 今頃このごろ 文晁ぶんちょう 産毛うぶげ 揮毫きごう 熊谷くまがや 華美きらびやか 阿蘭陀オランダ 長刀ながもの 精々せいぜい 伊太利亜イタリア 女将おかみ 囲繞とりま 夜具よるのもの おろし 結城紬ゆうきつむぎ あばら 好事家こうずか 燧石いし 一歳ひとつ 厩舎うまや 尾上おのえ 風態みなり 方向むき 仄々ほのぼの 関守せきもり 飛礫つぶて 出張でばり 老松おいまつ 隠匿かくま 使者つかい 俳優やくしゃ 極月ごくげつ あがた 緞帳どんちょう 長袖ながそで 初夜しょや 御世みよ 森然しん 潜門くぐり 鉈豆煙管なたまめぎせる 公孫樹いちょう ごう 嫋々じょうじょう 讒者ざんしゃ 何程いかほど 緊張ひきし えん 返辞いら 大鵬たいほう 負傷いたで 点燈頃ひともしごろ 蘭燈らんとう 困難むずかし 頭陀袋ずだぶくろ 頂上てっぺん 比較くら 目算もくろみ 正月むつき うね 依頼たのみ 呪禁まじない 重籐しげどう 差別けじめ 弁解いいわけ 役所やくどこ 戞然かつぜん 無頼者やくざもの 診断みたて 轆轤首ろくろくび 三津五郎やまとや 許多ここだ 天翔あまが