大鵬のゆくえおおとりのゆくえ
吉備彦来訪 読者諸君よ、しばらくの間、過去の事件について語らしめよ。……などと気障な前置きをするのも実は必要があるからである。 一人の貧弱い老人が信輔の邸を訪ずれた。 平安朝時代のことである。 当時藤原信輔といえば土佐の名手として世に名高く …
作品に特徴的な語句
したた かわ 最初とっつき 外見みば つまま かな 老人わたくし 武士りゃんこ わし げん かくま のろ 服装よそおい おと 交際まじわり 怪奇グロテスク 其許そもじ 小刀ちいさがたな 容貌かお わたくし よぎ 負傷いたで 蒐集あつ 落胆きおち 何程いかほど 正月むつき そり 風態みなり 寛大おおまか 跪座かしこ 貧弱みすぼらし なだ 天翔あまが うん さま いななき 扮装みなり 華美きらびやか ぬか せい 縹緻おとこぶり おい おとな 出張でばり しばらく なの ごう あて 返辞いら よく おのず 舞踊おどり わし たわ しな 使女こおんな 比較くら しわぶき 総括たばね ざま 緊張ひきし つもり 表面おもて 困難むずかし まご 夜具よるのもの おやじ 燧石いし 彼方あなた 役所やくどこ 一所ひとところ 目算もくろみ 躊躇ためら まなこ 赤魚あかえ 疲労つか きたな 差別けじめ じじい きれ うたい 此方こなた 木葉こっぱ はぎ むね 膨張ふくら 方々かたがた ほぞ 茫然ぼんやり ゆっく 莞爾かんじ しょう 註釈ことわりがき