“御随行”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おとも50.0%
ごずゐかう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御随行人数そ五六十、いずれも直属屈強武人ばかりでございました。
誠に有難い事で、もホツといて、それから二の一汽車京都御随行をいたして木屋町吉富楼といふりました
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)