“おとも”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オトモ
語句割合
御伴43.2%
御供18.9%
小友8.1%
徒者5.4%
随伴5.4%
供奉2.7%
従僕2.7%
従者2.7%
御從者2.7%
御随伴2.7%
御随行2.7%
随行2.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ついでに着せもしてやらうと青山の兄から牡丹餅の様に文言、偖こそで下し、招待券の御伴して、逗子より新橋へは来りしなりけり。
燕尾服着初めの記 (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
の通り一間にて先生及び夫人と鼎坐し、寒暄挨拶りて先生先ず口を開き、この、十六歳の時咸臨丸にて御供したる人りて夕方までしましたと、夫人にわれ
すなわち偶然に討死をしなかった勇士の子孫である。人首の嶺の北はに富んだ小友の山地である。天下がもし乱れたとすればいたずらに麓の館に立て籠ることは地形が許さなかった。
雪国の春 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
亀の徒者其図す、是も今は名家の形見となりぬ。
毛唐の重役の随伴をしてブライトスター石油社の超速自働艇に乗ると羽田沖で筋斗返りを打たせるといった調子で、どこへ行っても泣きの涙の三りんぼう扱いにされているうちに
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それでも、この節ぢやあ、好い塩梅に、少しは造り酒屋も出来たにやあ出来ただが。むかし、わしが女帝陛下の供奉をしてペレヤスラーヴリ街道を
髭のある鼠は、その威儀のある髭で、大きな御者に丁度よかつた。如露の蔭に眠つてゐた六匹のとかげは、青く着かざつた従僕になつた。その従僕はすぐに馬車の後に飛び乗つた。
本当の話は人喰鬼が新しい血を嗅ぎ出す話や、妖精がとうなすを馬車にしたり蜥蜴従者に化けさせたりする話よりは、もつと本当に面白い筈だ。
その名を聞きましたけれども答えません。また御從者の神たちにお尋ねになつたけれども皆知りませんでした。
何所へまいるにもいつも御随伴をした橘姫がそうされることでございますから、よもやこれに間違はあるまいとじます。
御随行人数そ五六十、いずれも直属屈強武人ばかりでございました。
街路の人が、若い者は勿論爺さん媼さんまでが顧盻つて見る。随行の俺までが鼻が高いんだ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)