“牡丹餅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぼたもち96.2%
おはぎ1.9%
もだもち1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
祇園清水知恩院金閣寺拝見がいやなら西陣へ行って、帯か三でも見立てるさ。どうだ、あいた口に牡丹餅よりうまい話だろう。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
養老の滝でも何でも、昔から孝行な人物の親は、大概酒を飲みますものです。貴女を(お酌さん。)なぞと云う奴は、親のために焼芋を調え、牡丹餅を買い……お茶番の孝女だ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
玉和国の花里てえ素敵もねえ代物よ、夏の牡丹餅と来ていアがるから小癪らア、な一晩行って見な、若大将の※待かたてえものはねえぜ、ところでよ、此方の阿魔と来たら三日月様かなんかで